入学準備 通学路の続きです

今は社会人となっている息子が 小学校1年生のとき 迷子になってコンビニで保護されていると 連絡が来ました

もう ずいぶん前のことなので 細かいことはほとんど忘れてしまいましたが(かみさんは覚えているでしょう)

学校から帰るときに 寄り道しているうちに 道がわからなくなって 息子はそばにあったコンビニに入ったようです

ハプニングがあるのは当たり前 準備をしておけば大丈夫

通学路を考えるとき 歩道が確保されているとか 車やバイク 自転車の動きがよく見えるとか 道路の様子をまず見ていきますが

通学路から外れたコースを歩いてしまったら 道がわからなくなったら そう考えると心配事がどんどん増えてしまいますが…

どのように行動したらよいか それを子どもと一緒に 現場で話し合ってシミュレーションしておけば大丈夫

子ども110番の店という黄色くて目立つ表示が 学校周辺の店には よく掲げてあります ある系列のコンビニのドアには 子どもたちの安全を守る店だと掲示されているのを見つけました

交番はなかなか見つけられなくても 都市部なら コンビニはあちこちにあるので 子どもでも入りやすいと思います

店に入ったら 店員さんにどのように話をしたらよいのか それを実際にコンビニに入って お子さんにインタビューしてみるのです

お店の人は どこにいるかな

お店の人に なんて言えばいいかな

お子さんに聞いてみましょう

自分の名前と 学校名を言えれば それで大丈夫 学年・組も言えると もっとよい

これだけなら簡単ですね

名前と学校名を言うだけなら個人情報も安心

コンビニから学校に連絡が入ると 学校から家庭に連絡をするので ちゃんと連絡がつくし 家庭と連絡がつかないときは 誰か先生が迎えに来ます ですから個人情報のことも気にする必要はありません

迷子になったときだけでなく 登下校の途中で大きな地震とか災害にあう可能性もあるので そのときの対応も 最も大事なことだけ相談しておくとよいですね 上からガラスなどが落ちてこないか 沿岸部なら津波がきたときに どっちへ逃げるか などです

ハプニングがあったら最高の学習の機会

迷子とか 地震が起きたとか ハプニングに出くわしたら 最高の学習の機会を与えられたと思うことにしましょう 結果的にお子さんの命に心配がなかったら うまく対応できなくたっていいのです そこから親子で学ぶのです

なんとかなるさ

子どもには すばらしい力がある

家庭で愛情を注がれていることを 実感している子どもは いざというとき すばらしい力を発揮することができます

人が本来持っている能力は 実にすごいものです

子どもでも その能力を発揮します

それを引き出すのは 子どもが自分で考えるようにインタビューすること 切羽詰まった状況を体験すること 普段からハプニングがあると想定して備えておくこと です

あなたのお子さんは 大丈夫!!

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください