相手がどんな聞き方をしたら、話したくなるのか、それとも話すのが嫌になるのかを考える。

健康診断を受けるたびに ここぞとばかりメタボ メタボという言葉の攻撃を受ける私…

その結果 今日は 焼け石に水とはわかっていながら 特定保健指導を受けてきました

話をしているうちに 保健指導をしてくださる方が ご年配の循環器専門のお医者様のようでした 女性の方です

腹囲を図られ 体重計に乗せられ 自分でもメタボの現実に直面しているので ちょっと気分はブルー

6か月先にはどれくらい減量していたいか 目標を書かされ いよいよ 目標実現のための食事の話

とりあえず自分でも食事を減らしている最中なのに…

現在の食事について 詳しく聞かれ ごはんは茶碗の半分とか 晩酌していない などなど 夕食後にたまにケーキとか食べたくなることは内緒にしたまま

現状を ちょっとだけ実際より努力しているように 答えました

すると…

「これなら減らすところは ないですよ。この食事なら100キロになんかなりません!」と強く言われてしまいました

先にこれまでの経過とか家庭での様子とかを聞いていてくれたら…

現在の食事の状況を聞く前に 少なくとも数年間の生活ぶりについてインタビューしてくれていたら なぜ今の食事の量にしているのか すぐにわかってもらえたし 100キロになんかなりません!と言われることもなかったはず

正確には 今は100キロを下回っています 努力の成果で

そうやって頑張っているときに このように言われるとさすがにちょっと傷つきますね

商売柄 穏やかに相手の話を受け止めることを いつもしているので 傷ついた心はしまいこみ 自分から これまでの経過について 話をしました

それでわかっていただいて もとの穏やかな口調になってくれましたが…

わが身に置き換えて振り返る

学校に勤務していたとき 子ども同士のトラブルの仲裁をする機会が たびたびありました

目の前でそのトラブルの一部始終を見ていたのなら 仲裁は難しくないかもしれませんが そんなことはまずありません

見ていないことを 双方から詳しく聞き出し 周りの子どもたちからの情報を集め そのうえで あらためてトラブルの当事者と 話をすることになります

そんなとき いつも先生を困らせる行動をしている子だと 先入観から もとはと言えばその子が原因でトラブルになったのだろうと 決めつけてしまっていることがあったのではないか

今日のことをきっかけに そんな思いがよぎりました

あらかじめ 先入観なく これまでの流れを丁寧に聞いていてくれたら 当事者が不快な思いをすることはなかった

小さな子どもから話を聞くとき

小学校だと 学年にもよりますが だいぶ言葉でちゃんと説明できるようになってきます

それに伴って 嘘をつく場合も出てきますが

大体は正直に語ってくれるものです

これが幼稚園や保育園の子どもだったら どうでしょう?

話を聞いて理解する部分は かなり発達していますが 言葉で説明するとなると 難しいことが いろいろあります

そんなとき お互いに簡単な絵をかきながら やりとりすると 通じやすくなります

でも もっと大事なことは うまく話せない子に対して 先入観を持って対応するのでなく やりとりを円滑にする工夫を嫌がらずに 丁寧に聞こうとする態度を続けていくことです

今日の自分の体験から その大切さを思いました

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください