わが子が もしかして発達障がいかも??

そう感じたとき 誰でも 不安でいっぱいになります

お子さんを 大事に育ててきたからこその 不安です

そんなとき 一つだけ 知っておいてほしいこと

お子さんを 大事に育てているからこその 心配や不安だということ

つまり お子さんにとって とても大切な 頼りになる

子どもの自分を守ってくれる 身近な家族

それが あなたである ということ

私が かつて小学校に勤務していたとき

子どもの養育を放棄して 愛人と遊び歩いて

残された子どもには 食べるものもなくなっている

子どもは 仕方なく コンビニで弁当を万引きするしかなかった

そんなケースの対応をしたことがありました

けっこう よくあることです 残念ながら…

専門的な相談ができるところへ

養育放棄をしているケースと出会うことが少なくなかったので

わが子のことを 一生懸命に心配してくれる ママさん パパさんは

本当に 頼もしい限りです

お子さんも そう感じています

今は ネットでたくさんの情報が出ていますから

病院で診察を受けて それでも心配なときも

検索すると いろいろな情報を仕入れることができます

でも 情報を仕入れてはみたものの よけいに心配になる

本当に うちの子どもは あてはまっているのだろうか

そんなとき

親としては 心配だし 不安だし

でも 誰に 話を聞いてもらったらいいか

わからなくなるのは当然です

お子さんの発達について心配なときは 

いつでもブログから お電話でもお問い合わせください

デリケートな話題で 専門的な知識も必要です

教育現場での経験豊かな きくち子どもすくすく相談室にお問い合わせください

不安な気持ちを こうすれば安心して子育てを楽しめる

その具体的な方法を 一緒に考えます

投稿者

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください