弱気になっている心を温かく包み込む
弱気なっている心を温かく包み込む

緊張や不安で 心がブルブルと震えているとき 誰にも そんなときがあります

県大会に出場できたものの 強いチームと対戦するときの選手 一人一人の気持ちも同じだと思います

ベンチからの応援は きまって がんばれ!

これが定番です

ベンチコーチをしていて がんばれという言葉は選手にとって みんなに応援してもらっているなあ それは明確に伝わります だから 元気も出ます

でも 実際にコートに入り 見た目も強そうな相手選手を目の前にして なんか強そう 勝てるかな そんな弱気な気持ちがわいてくるのは とても自然なことです

ベンチコーチの役割は そんなネガティブな思いでいっぱいになっている選手を ポジティブに変えて 普段の できれば普段以上の力を発揮できるようにすること

ベンチに戻ってくる選手を 派手なガッツポーズで迎えていて 確認できたこと

弱気になっている気持ちを 温かく包み込んで それを続けていると 鍛えようとしなくても 心が折れなくなっていく だんだん強くなっていく

鍛えて強くするのではない 心が自然と強くなっていくのだということ

弱気になっているとき 強くなれ がんばれ コーチが口にするのはNG

弱気になっている心にがんばれ、強くなれというのはよくない。
弱気になっている心にがんばれ、強くなれはNG

弱気になっている選手の心を 温かく包み込んで 安心させるようにし続けていると

選手は 勝手に強くなっていく それがわかりました

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください