今日は幼稚園に行きたくない 休んでいい?と子どもに言われたら…

親御さんも 園の先生も 【行くか/行かないか】という行動そのものについて焦点をあててしまい どっちにしようかと考え込んでしまいます

子どもには園に行ってほしい 誰でもそう願っています

なんとか園に行かせたいが 子どもの気持ちをちゃんと考えてあげていないのでは?と葛藤が始まります

親も先生も 立場が違うだけで おそらく同じように考えています

ここで見逃しがちなことがあります

行きたくないと言っている子ども本人も 実は行きたいと思っています

行きたい気持ちがあるけれど なにか心の中がもやもやして つらくて苦しいから行けないでいるのです

子ども本人も葛藤しています

幼稚園を休んでいい?と子どもがいうその意味は、行きたい、行けない相反する気持ちが戦っていて心が思い、だから助けてということ
幼稚園を休んでいい?という言葉の底にある子どものメッセージをくむこと

行くべきか休むべきか みんなが同じようにもがいている

行くべきか休むべきか 親御さんの立場からすると「休ませる」ですが 子どもの心も同じ土俵で考えるため このように表記しています

行くべきか休むべきか このことを考えているときは 登園する/しない という行動面に焦点をあてている状態です

子ども本人も親も先生も みんなが 行動面に目を向けたままでいるから もがいたままだとも言えるのです

子どもが行きたくないと言っている その心の中はどんな様子なのでしょうか そこに焦点をあててみたら もがいて ごちゃごちゃになって苦しんでいるその中身が ずいぶんと見えてくるのではないでしょうか

子どもがつらい思いを抱えているときに 幼稚園に行けるかどうか 何かができるかできないか そこにばかり目を向けることは得策ではない 
それはすぐにお分かりいただけると思います

ごちゃごちゃの心から抜け出すには

方法はいたってシンプル

行くべきか休むべきか に目を向けることから離れるのです

ごちゃごちゃになっている子どもの心を なんとか理解できるように 子どもにかかわっている人たちみんなで知恵を出し合いましょう

子どもがいちばん素直に自分の気持ちを表現できる人 お母さんがその代表だと思いますが そうでない場合もあります

子どもに正直に聞いてみましょう

子どもだからそんなこと聞いたって無理 そう決めつけないでください

会話ができる子どもなら 自分の好きなものや嫌いなものについて 普段からけっこうちゃんと自分の意見とか気持ちを 表現しているのではありませんか?

言葉がどうしても無理だというなら 絵を見せてその中から選ばせることができます

大事なことは 子どもの心の中を把握することの前に 周りの大人が子どもに対して「あなたの気持ちをよく聞いて それに沿って支えてあげますよ」というメッセージを伝えること 行動そのもので示すことだと思うのです

こうした態度を親が続けているなら 子どもは安心して素直な気持ちを表現し そうするとごちゃごちゃになっていた心も 整理されてくるので 気持ちが楽になる 結果的に園に行くようになる そういう流れになるのだと思います

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください