学校からの電話が…

お子さんのことで 実は 最近〇〇なんです…

お母さんは 何かお気づきのことはありますか?

ご家庭と一緒に お子さんを育てていきたいと思います…

こんな口調で ご家庭に電話が入ると

とても心配な 気持ちが 膨れ上がってきますよね

こんなとき たいていは 何か悪い知らせ

学校からの電話=悪い知らせ

そう思っている保護者の方は とても多いのではないでしょうか

学校での様子を見に来てください!

先生が 子どもたちの指導に困ったとき

一番よくあるセリフが

「学校での様子を見に来てください」

かもしれません

お子さんを大切に思っている保護者ほど

仕事を持っていても なんとか都合をつけて

学校に来ようとしてくださいます

学校は クラスに先生は一人しかいないのが普通

今は 特別支援教育指導補助員とか

教員ではない立場の方が お子さんの学校生活のサポート役として配置されたりすることがありますが

これは 必ず配置されるという仕組みにはなっていないし 条件などもいろいろあるので

クラスを指導するのは 基本的には担任が一人で行う仕組みです

お子さんに付き添うことはできますか?

クラスになかなか入れない…でも お母さんが一緒なら 入れる とか

ちょっと目を離すと 教室から出て行ってしまう とか

何かしら そばで お子さんの個別に支援できたら

もっと クラス全体の指導も しやすくなるのでは…

そう考える先生は

保護者に しばらく学校でお子さんに付き添っていただけないでしょうかと

お願いをしてくることが あります

ここで一息ついてから考えましょう

そもそも 学校からの電話で

お子さんの心配な様子を伝えられ

その ドキドキした気持ちは まだ続いている

そんな状態のときに 冷静な判断ができるとは 思いません

では どうしたらいいのでしょうか

以前は 学校と保護者とが 直接 やりとりするだけで お子さんへの対応について相談するしかありませんでした

行政の相談は すぐにはしてもらえないし

どこに相談したらいいかも 調べるのは大変

どうして うちの子は 学校でそんな行動をするのだろう?

わけがわからない!

こうした モヤモヤの気持ちのときに 必要なこと

きくち子どもすくすく相談室に

このブログの お問い合わせはこちらから をクリックして

お話を聞かせてください

学校とのやりとりは 学校の先生たちの考え方や どのようなことを心配しているのか そういう学校の内情をわかったうえで どのような対応の仕方がよいのかを考える専門家を 活用すべきです

きくち子どもすくすく相談室ができてからは それができるようになったのです

障がいのあるお子さんの教育に ずっと携わり

小学校長を7年間 務めて定年退職してすぐに起業したのが

きくち子どもすくすく相談室です

ブログからのお問い合わせには 無料でお答えします

お問い合わせはこちらから を クリック!

投稿者

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください