私が校長をしていた小学校に さわやか相談員が配置されていました

彼女は 子どもたちのよき相談相手となっていました

子ども同士の関係で 子どもなりに悩むことも多く その相談相手として 本当に上手な聞き役となっていました

相談の状況について 報告を受けながら 自分の経験を伝えることもありました

その中で とても役立ったのが 子どもの心を絵に表して 子ども本人も 相談員さんも わかりやすくするというものでした

これは きこえの教室で 子どもたちとやりとりするときに 私がよく描いていた絵です

人の心は 言葉にしないとなかなか理解しあうことが難しい

でも 言葉をよく知らないと 心の様子を言葉に表すことができる そのこと自体 知らないでいることがあります

きこえの教室で 普通に会話していて 気持ちを表す言葉を話しているのに 日記や作文にそれを書かせようとしても 言葉にできるということに気づかないでいた そんなことが実際にありました

心を表すハートの形。うれしい、楽しい気持ちを表しているので笑顔になっているハートがうれしそうに手を振っている。

それで そのときの気持ち 心の状態を表すのに 私が 絵を描き 心を表している絵を「言葉に変身!!」と大きな声で告げ 仮面ライダー(第1号)の変身ポーズをまねして(動きはとてもいい加減でしたが…) 絵を言葉にするとどうなるか という教え方をしていました

心を簡単な絵にして言葉に置き換える

この方法をやり始めると いろいろな場面だ役立ちました

子ども自身も 自分の心のありようが 目に見えるようになるので 子どもとのやりとりのずれが少なくなりました

言葉がよくわからない子にも使えたので 子どもの心を理解する場面では必ず役立つと思って さわやか相談員さんに 伝授したのです

彼女は それに自分なりの工夫を加えて 子どもの心をよく理解し すばらしい対応をしてくれました

今 幼稚園の保育コンサルタントとして活動を始めたばかりですが 園児の話を聞き取る場面があったら 活用する予定です

ご家庭で お子さんとやりとりするときにも すぐに使えると思います

こんな簡単な絵なのですから 誰でもすぐに描けます

それでも自分で描くのは…という方は インターネットで検索すると いろいろな表情を描いたイラストがありますから それをプリントして 子どもに指さしをしてもらう という方法もありますよ

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください