失敗は成功のもと 失敗体験から子ども自身が考えて対応するから成功につながる
失敗は成功のもと 成功の母ともいう

失敗は成功のもと 成功の母とも言われます

これを若いころ 子どもに指導をしていたときに 実際に確認しました

2年間の実践記録をまとめて 特殊教育(当時の用語)の懸賞論文に応募したところ 若手指導者部門で入選しました それをきっかけに指導場面の取材を受け 東北放送ラジオのドキュメンタリー番組にもなりました 「ある難聴児の歩み」というタイトルだったと記憶しています

実践したことはとてもシンプル

子ども向けのお菓子作りの本を見て 作れそうなものを選び 私と一緒に学校近くの店に買い物に行き 本にある作り方を読み取り 実際に作って食べる その体験を作文に書く

これを2年間 繰り返していました

必要経費は私のポケットマネー 自分なりに考えた指導方法が 本当に効果があるのか確かめたかったから

失敗のあとに子どもの行動が変わった

お菓子を作って食べることがメインなので 子どもはとても楽しんで活動していました

その中でいろいろな成長が見られたのですが 成長が感じられたのは 振り返ると 必ず子どもが失敗体験をしたあとでした

家から必要な道具を自分で持ってくると言っていたのに 忘れて作れなかったときがありました 私としては そうした体験を生かして 子どもに生きる力を育てたいと思っていたので 授業としては どうしたら忘れ物をしないようにできるか それを子どもと一緒に考えました

それ以後 忘れ物をしないようにするため メモをすること メモをちゃんと見返すことなど 自分でするようになりました

とても力のある子なのに 教科書の音読など上手にできないと思い込んで 指名を避けていたり お母さんを頼りがちだったりしていた子です

それが たくましく自分で考えて行動するようになったのです

失敗は成功のもと 言葉通りなのだということを 実感しました

しつけをするのも失敗を上手にいかせばいい

この体験は 私にたくさんのことを教えてくれました

子どもは自分で考えて なんとかやりとげていく

叱られたから 教えられたからできるようになるのではなく 自分で気づいて こうしようと思って実行するようになった そうして成長していくのです

しつけをしなければと 親が構えることはなく 失敗体験を親子で受け止めて どうしたらいいかを一緒に考える それが一番だと思います

*今日もお読みいただきありがとうございました

*感想やお問い合わせをお待ちしております メニューのお問い合わせはこちらからをご利用ください

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください