令和元年8月8日~9日

そうです 昨年の夏に仙台市の国際センターを会場に開催された

全国情緒障害教育研究協議会宮城大会 通称 全情研

その大会報告書が ようやく手元に届きました

このブログでも大会のお知らせをしましたが 報告書ができて

私の教員生活で取り組んできたことが すべて終わり 自分の卒業式を迎えた気分です

大会そのものは 私が退職してからの開催だったので 実行委員にも入らず

当日の裏方として シンポジウム3のコーディネーターとしてかかわるだけでした

読み応え十分!ただの形式的な報告書ではありません

参加者のアンケート結果も最後に掲載されていますが もっともっとパネリストの話を聞きたかったという声がたくさん!

教員の研修会によくあるような 先生目線の 学校の中だけを見ているような そんな狭い内容ではありません

大会のときに話された内容が 丁寧に文章化されているので 一冊の読み物となっています

大会当日に配布された要項とセットで読むと 大会に参加できなかった方でも どんな話が展開されたのかが ちゃんとわかるようになっています

これを作成するには スタッフの皆さんの多大なる労力が注がれています

これまでの学校教育の考え方は 将来を見据えて どんな力をつけたらよいか

生きる力をつけるために 今 何を頑張るか

どんな目標に向かって 努力していくのか

とにかく頑張る 一生懸命にやる

身体的に言うと 力んで~する 感じ

それ一色のように感じます

ところが そうではない在り方を提案しているのが この報告書です

大会のテーマ

生きること・支えるもの・楽しむこと

ライフステージを見通して学校教育を考える

-みんなでつなぐ・こころに目を向けることから始める情緒障害教育を-

生きる楽しみ

それを人生のどの段階でも大事にすることで 子どもが大きく成長することを パネリストがそれぞれの立場から 語っているのです

今は 愛着障害や発達障害に関して 書店にたくさんの種類の本が並んでいますが いろいろな立場の方が それぞれの実践 体験をもとにした話合いをまとめたものは ほとんどないと思います

でも この報告書には それが載っているのです

読めばそれぞれの主張がわかる冊子を作りたい!

この大会の準備を始めてから ずっと心に描いていたのは 全情研の大会は2日間で終わってしまうけれど その中で話された それぞれの主張 話し合いの記録が あとになってもその価値が伝わるようにしたい

2日間の大会が終わったら何も残らない そんなことにスタッフの労力を注ぐのはもったいない

今の学校教育の課題を 根本から見直す

その話合いの記録が 次の人たちに伝わって 本当に大事なことが教育現場で展開されていくようにと願って

読んでわかる

大会要項と報告書を作る

そう心に決めて 大会実行委員長に引き継ぎました

それが実現して

教員として直接 自分がかかわっていたことが すべて終わり

自分の卒業式を迎えた気分です

学校現場にいたときには 自分のできなかったことが実現できました

大会要項と報告書のセットで主張していることは 生きている今を楽しむ

そこに まず目を向ける大切さだと思います

そう言われても本当なの? なんか嘘くさい 何が書いてあるかよくわからないし…

と思うのが当然ですね

関心がある方には もう少し詳しい情報をお伝えしますので お問い合わせください

報告書でただ一つ残念だったのは 信州大学の本田秀夫先生の発言については掲載できなかったこと

本田先生は とてもお忙しいので 確認のための時間が取れなかったのかもしれません

でも本田先生は 著書などでたくさんご発信されていますし 大会要項には 本田先生の主張がとてもシンプルでわかりやすく書かれた原稿が掲載されていますので そちらをご覧いただくと 主張の柱がよくわかると思います

大会報告書について興味ある方はお問い合わせ欄から

予算を切り詰めて開催した大会のため 大会報告書は 部数が限定されています

しかし 本当に関心のある方にのみ ほぼ実費でお分けできるように 当相談室で保管しています

大会要項とセットでないと読み物とならないので 大会要項と報告書のセットで ご希望の方にお分けします

メニューの お問い合わせはこちらから に入っていただきコメント欄から 全情研報告書希望と記入して送信してください

返信のメールで詳細をお伝えします

頒布金額は3000円程度の見込みです

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください