幼稚園に行きたくない… 学校に行きたくない…

身体的には何も心配がなさそうなのに 「行きたくない」と言われると 親としてはどうしたらいいのか 悩みますね

お子さんを預かる側の 幼稚園や学校の先生も どのように対応したらよいのか 悩みます

子どもの気持ちを尊重して 無理をさせない方がいいのか そっと背中を押してあげた方がいいのか

このままずっと登園(登校)しない状況が続いたら どんどんみんなからおいていかれそうで心配…

親御さんも先生も 同じように心配になります

「不登校」という行動だけに目を奪われていませんか

学校に勤務していたときも お子さんが不登校になると 対応を考えるときの観点は もっぱら 登校を促すべきか それをしない方がいいか ということが多かったと思います

不登校になった子の保護者は 頭の中が 登校しない状態が続くとどうなるか その心配ばかりでいっぱいになってしまいます

学習についていけなくなってしまう 通知表の評価が悪くなってしまう 将来の受験にも響いてしまう… いろいろと困る様子ばかりで 頭がいっぱいになるのが普通だと思います

少し冷静に考えられるようになると フリースクールなら行けるかもしれない どこか学校に替わる場所がないかと探すようになるかもしれません

不登校になり始めて 長引いてくると どこか通えるところはないかと探す 当然の流れですが 私は まずここで立ち止まって考えたいのです

フリースクールを探すような動きと反対に このままずっと本人の好きにさせておこう 少なくとも今の段階では… ということもあるでしょう

本人の気持ちを大事にしているのですから これはいいこと

私は この場合もやはり立ち止まって考えたいのです

なぜなら どちらの場合も 考えるときのもとになっている見方は 学校(あるいはその代わりとなる場所も含む)に行くかいかないか 出かける/出かけない という行動面だけに視点をあてたものだからです

子ども本人の気持ちはどうなっているのだろう?

不登校になっているその状態については 一旦 目をそらして 子どもの心の中をのぞいてみましょう

不登校になってしまったのは どんな気持ちがたまっているからなのか 何かの行事で 自分は実力があるのにそれを緊張で発揮できなかった その悔しさがずっと続いていて でも 苦しい気持ちを誰にも話せずにいて 心の中がパンクしてしまった…

もしかしたら そんなことだったのかもしれません

これは一例ですが 子ども本人が 心の中が心配事でいっぱいになって 登校することさえつらくなっているのだったら その心を楽にしてあげないと その後のことは考えられないですよね

心がとてもつらく苦しい状態になると 身体的にも何かよくない症状になって出てきます

身も心も軽く そうありたいです

子どもが心の中にためてしまった 心配な思いは お母さんとか家族が寄り添ってくれたらかなり楽になるかもしれないし 言葉にできるなら話を聞いてもらえばよいかもしれないし 絵を描くのが好きなら 言葉でなく絵で気持ちを表現することができるかもしれない

どんな方法でも 心の中から外に出してやると 心がかなりすっきり 楽になると思います 同時に 原因となっていた心の中を自分も 周りの人も知ることになるので 具体的な対応策だって 見つけることができるかもしれません

子どもの心に焦点をあてて考えよう

どんな行動にも 理由となる本人の思いがあるはずです。

子ども本人が 心がつらくなって 結果として不登校になっているのですから 子どもの心に焦点をあてて そこから対応を考えていく それを実際にサポートしながら 世の中にその大切さをアピールしていこう そう思っています

「行きたくないよ」という子どもの言葉から一旦離れて、その子の心の中がどんな様子かを見ていきましょう。
「行きたくないよ」という言葉から一旦離れて子どもの心に着目

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください