不登校はパパと子どもの間で板挟みになるとママもつらい
不登校は子どもとパパの間で板挟みになるとママもつらい

小学校でよくこうしたケースがありました

お母さんがお父さんとお子さんの間で板挟みになって つらくなる

不登校限りませんが 子どもの教育となると よくあるケースです

学校に行けない気持ちがよくわかるから 子どもの気持ちを尊重したい

でも できるなら登校してほしい お父さんの気持ちもよくわかる

このまま登校しない状態が続いたら…と思うと心配でたまらない

パパにもわかってほしい

子どもの将来を考えたら心配でたまらない

だけど 子どもの今の様子では とても無理に行かせられない

それでも 学校に行けというパパの言葉は 私もつらい

間に入ったママはどうすればいい??

パパがわかってくれたらいいのに…

こんなときどうしたらいい???

もし パパとママの考えが同じで お子さんの不登校に一緒に向き合えるなら 

誰もが望むことですが なかなかそうはいかないのが 世の常です

イラストにかいたように こういうときは ママが2つのつらい気持ちを同時にかかえてしまいます

パパとママが一致していたら 不登校になってしまって どうしたらいいかわからずにつらい その気持ちは変わりませんが つらいハートマークは 一つだけです

一致していないと ママのつらいハートは パパとの間でも 子どもとの間でも 両方に登場し つらい×2となっています

学校に来てからは先生たちも対応してくれるけど…

先生たちは 一生懸命に子どもに向き合ってくれるけれど(現実には そうではないことがかなり多かったりしますが)

家から学校まで連れ出すのは家庭の責任 そんな役割分担となっているのが普通でしょう

パパは仕事に出かけてしまっていて ママは 登校させようと何かしらご褒美をあげることにして やっとの思いで家の外に子どもを出すことまではできた

それでも なんだかんだと理由を言って 結局は家に戻る

そんな繰り返しばかりになっている

ママは一人になってしまうからよけいにつらい

不登校のつらさが解消されるには 時間がかかる

子ども本人だけでなく パパやママ 同居している家族みんながつらい その時期がいつまで続くのだろう それを考えるともっとつらくなる

つらい気持ちが長くなるほど 疲れてくるし いろいろなところに影響が出てきます

誰でも早く気持ちを楽にしたい

ママは パパが自分の気持ちをよくわかってくれて 自分を支えてくれたら つらい気持ちが×2でなく もともとの1つだけになります つらい気持ちが ひどいときの半分になります

不登校という現状は変わらなくても ママのつらさは軽くできます

どうしたらいいかって?

何回言っても聞いてくれないのに…

必ず成功するとは限りませんが 試してみてほしいことがあります

「パパ 私はつらくてつらくて…私を助けて。」とママがパパを頼りにしたらいかがでしょう? このときは 子どもでなくママだけを見て という思いを伝えるのです

頼られているのに そのことから逃げ出すようなら いろいろ考えなおすべきですが…

*最後までお読みいただきありがとうございます

*お問い合わせや感想は メニューの お問い合わせはこちらから へ

*お問い合わせをいただいたのに 返信が届かない場合があります 3日ほど経過しても届かない場合には 受信設定を見直していただき 当相談室にメールまたはお電話などいただければ幸いです