ホッとする心
ホッとする心

小学校では冬休みが終わったところですが 幼稚園はまだ冬休み中? 保育園はずっと早くから始まるでしょうし 期間はいろいろ でも つい小学校に勤めていたときの感覚になってしまいますね

小学校の校長をしていたとき 冬休みの前と後には 朝会があって 冬休みを迎える心構え 新年を迎えての心構えを 偉そうに全校児童に話をしなければいけませんでした

そういうことをしなくてよくなって 今 ホッとしています

親子でホッとする時間がとれましたか

正月といっても お仕事で家にいられない保護者の方もいらっしゃったと思います

そういう中でも 子どもたちには 安心して家庭でホッとしていられる時間が たくさんあったのではないでしょうか

大人が 職場で一日過ごしたあと 家に帰ると本当にホッとします

そうではない家庭が もしかしたら増えていて それで子どもの愛着障害が増えているのではないか そういう心配もありますが…

子どもにとっても 学校で一日過ごすと いろいろなストレスにさらされて 疲れることも少なくないのです

心が疲れてしまうと 人にやさしくすることができない 大人も子どもも変わりません

疲れたとき 自分がホッとする方法を知っていたら 気持ちが楽になりますよね

子どもも同じ

お子さんが ホッとする方法は どのお母さんも とっくにわかっているのではないでしょうか

冬休みがあけて また園に通うようになったら 身体が慣れるまで少し時間がかかるかもしれません

そんなとき 親子でホッとする時間を持ってみましょう

著者
きくちゃんと

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください