九州大学病院の「吃音ドクター」菊池良和さん

言葉に詰まってもいい社会に(朝日新聞からの引用)

30年近く前のことですが 私は 小学校のことばの教室の先生をしていました

そのさらに数年前にもことばの教室を担当していて

ことばが どもる お子さんも指導していましたし

どもりについて 相談されることが ありました

でも 結論は この記事にあること そのまま

今も どもることについて聞かれますが 同じように答えています

子どもが話すことを嫌がらないように 環境を整えるだけ

どもることを 治そうとする必要はないのです

記事になった菊池良和先生は ご自身が どもることについて悩んでいた当事者です

仕事が全国紙の記事になるくらい 立派な活動をされています

どもることについて 医師の立場で研究もされているのですから

どもることは 悪いことではないのです

投稿者

きくちゃんと

小学校長を定年退職したのを機に きくち子どもすくすく相談室を起業しました。 幼稚園の保育コンサルタントとして活動中です。 不登校や発達障害の子どもさんや保護者の方々とかかわってきました。 専門は聴覚障害児や言語障害児の教育でした。 子育てに関するトータルサポートをいたします。 まずはご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください