ヒモトレの本 このほかにもいろいろあります ヒモトレで繋がるカラダ動けるカラダ
ヒモトレの本 ほかにもいろいろ出版されています

卓球の勉強をするようになって 布袋卓球アカデミーのご縁で出会った超一流の指導者 ヒモトレの小関勲先生もその一人です

ヒモトレは雑誌an・anの2016年カラダにいいもの大賞を受賞

百円ショップの手芸用品コーナーにあるヒモを ゆるく体に巻くだけで 姿勢がよくなったり 驚くほど強い力を出せるようになったり 体のコリがとれたり

私は 寝るときにヒモをたすきがけにして布団に入るようにしていたら いつのまにかひどかった猫背がすっかりなおり 堂々とした姿勢で歩けるようになりました

小関先生の著書がいろいろありますし ネットでも関係の動画がたくさん見られます

ゆるく体にヒモを巻くだけでそんな効果があるなんて…

私も最初は信じられませんでした

でも でも でも すごいんです 本当なんです

私の話だけなら信じがたいかもしれませんが かつての私の同僚職員で年配の女性にこれを教えたら ずっと長いこと悩まされていた腰痛が消えたのです

その女性は へその位置にゆるくヒモを巻くようにしてもらいました

その女性はヒモトレのほかにココロのバランスボードにも毎日乗って 姿勢を整えて足踏みするなどしていました(「ヒモトレ 小関勲」で検索してみてください よくわかると思います) 

するとどうでしょう… 本当にずっと悩まされていた腰痛から解放されたのです

どんどん話がヒモトレそのものに入ってきました このブログで書きたいことと 少しずれてきました

その女性から腰痛の話を聞き 立ち姿を前から見ると S字のように立ち姿勢が曲がっていたのです それで 乗って立っているだけでよい姿勢を気づかせてくれるボードに乗ることとヒモトレを勧めました

とてもピュアな心の持ち主で すぐに彼女はやり始めました

ヒモの巻き方はどうするのが一番よいのですか 彼女のために小関先生に質問のメールを送ったら…

自分はヒモトレをやっていますが 彼女にとって最も効果的な巻き方を 開発者である小関勲先生に直接お聞きしたいと思い メールを送りました

メールでならそのうち返事をいただけるのではないかと思っていると なんと私の携帯に電話が来ました 小関先生がメールよりも電話の方が伝わりやすいだろうと わざわざかけてくださったのです

へその位置に巻くのが基本であり それがよいだろうとのことでした

超一流の人は分け隔てなく そして丁寧に接してくれる

古武術の高橋佳三先生もそうでしたが 小関勲先生も 私のような 1・2回講習会でお会いしただけの者にも 分け隔てなく丁寧に接してくれるのです

超一流の方から学んだことは それです

気さくで 温かくて やさしくて そして深いです

自分もそうありたいと思いました

子育てコンサルタントという個人で行う仕事を展開していくのに 何よりも大事なことを教わりました

超一流の人のそばにいる間の 何とも言えない心地よさ これを忘れないようにします

ヒモトレで人生観が変わる 本来の身体のよい動きに敏感になる 素直な自分に気づく

お金もかからない 努力もいらない リスクもない ゆるく体にヒモを巻くだけ 自分に合わないと思えばやめればいいだけですから

ヒモトレを続けていると 自分がこれまでに気づかないできた よい姿勢かどうかを感じる感覚が敏感になってきます 人によって感じ方は違うと思いますが ヒモトレの本も 小関先生が開発されたいろいろなタイプのバランスボードも購入して 勉強しながら使っていると 身体のバランスを整えると 人は自然によい動きになっていく 本に書いてある内容を実感します

自分自身の素直な感覚をみがいて 自分らしい素直な生き方をすることが 人生には何よりも大切だ ヒモトレはそれを教えてくれます

あなたは自分に素直になっていますか